注册

唐山海泰新能科技有限公司(HTソーラー)は、多結晶シリコンインゴットの生産から太...

多結晶シリコンウェハーは太陽エネルギー電池を作るための核心材料であり、製品が広範...

唐山玉田本部
唐山市玉田県玉泰工業区豪門路88号
電 話:0315-5052066
北京営業本部
電 話:010-85913571

私たちはオンラインコール・サービスを提供している,
ヘテ製菓担当副社長の调査のご连络ください:
+86-315-5051826

INTERSOLAR(2012)ドイツミュンヘン太陽エネルギー展示会
開催期間:2012年6月13~15日
展示ブース:A4-120B

2012年全世界PV市場が風雲再発する

  2011年はPV業界の発展がわりに困難の1年であり、生産高降下、企業破産、補助金削減などの一連悪いニュースが、きっとPV業界の上に一層の影を被せた。今のところ、2011年がすでに過ぎて、2012年の新しい1章を開けて、PV業界がまたどんな境遇に直面するでしょうか。喜びか、憂いか。PVがさらに昔の光り輝く時代に戻れるかどうか。実は、容易に見分けることは、PVがゆっくりと蘇っていて、発展の足どりを止めなくて、全世界のPV市場が少しずつ再び飛躍していく。

 

一、日本

  しかし、天然ガスが必ず輸入に依存しなければならなくて、日本のエネルギーインフラが96%の原料を輸入しなければならなくて、オーストラリア天然ガス業者が日本へ天然ガスを輸出することにより巨大な利益を獲得した。しかも石炭と同じに、もし天然ガスの消費使用範囲を拡大したいならば、巨大な資本投資と建設を必要とする。風力発電を発展するためにも数年の建設が必要とする。現在見たところ、最も実行可能な方案は太陽光発電であり、太陽エネルギーパネルのコストが普通の発電より遥かに高いと批判される人もいるけど、太陽エネルギーPVのメリットはスピードが速くて、例えば屋根上の太陽エネルギーパネルは、数日だけで取付け完了できること。
  日本が米国と中国大陸より後れるけど、依然としてパネル生産のリード大国である。太陽エネルギーのパネルが夜間で発電することができないが、日本がリチウム電池(Lithiumion)もリード国である。日本の消費者が国産品を使うことが好き、しかし、現地制造業者も現地市場にサービスすることが好きである。これは日本が太陽エネルギーPVを発展する優位である。

  欧州太陽光発電産業協会(EPIA)の統計によると、2010年から日本の太陽光発電使用量が激増され、2010年は362万KW、2011年の同時期が100万KW増加、2012年の同時期が3割以上増加予定、600万KWを突破する見込みがあって、6基原子力発電所の発電量に相当するという。

二、米国

  米国の太陽光発電産業は、2011年に発電設備用量が新記録を作って、輝かしい1年を経験した。GTMリサーチ社(GTM Research)と米国太陽エネルギー産業協会(SEIA)が公布したレポートによると、米国2010年太陽光発電設備用量は887MW、しかし2011年に1,855MWに達成したという。一つ新しいレポートによると、2012年米国の太陽光発電業界が恐らく再度に強力に増長する可能性があり、業界内の2012年発電設備用量が50%増長見込みがある。
  米国の二大陽光発電市場のカリフォルニア州とニュージャージー州の激励メカニズムの減弱により、たくさんのアナリストの予測によると、去年の太陽光発電設備用量が1,500MW~1,700MWの間にある。2011年、米国の太陽光発電設備用量は全世界の第4位になり、ドイツ、イタリアと中国に次ぐ。2012年について、GTMとSEIAの予測によると、2,500MW~2,800MWまでに増長して、35%~50%の増加があると予想されている。

三、フランス

  ーロッパ各国が太陽光発電補助金を削減する際に、フランス政府は先日に宣布して、4月から、更に10%の太陽光発電使用電気価格補助金を高めて、しかし、EUが生産するPVモジュールにしか限らない。もし、最低60%の取付けPVモジュールはヨーロッパ製造であれば、フランス政府は2月に宣布された太陽光発電工場が、電力網接続電気価格補助金の以外にさらに10%のボーナスを獲得できる政策を確認した。この法律が4月第1ラウンドの大統領選挙の前に実施し始める。

四、ロシア

  ロシアメディアの報道によると、ロシアのトップクラスのエネルギー専門家が、先日に専門的に当国の太陽光発電潜在力に対して再び評価を行い、結論がとても積極的で、ロシア政府も急速に政策調整を出して、当国の太陽光発電産業の発展を援助すると予想されている。
ロシア太陽エネルギー協会(PVRUSSIA)主席Anton Usachevの話によると、国土面積世界一のロシアが、太陽エネルギーを発展する独特な条件を持ち、ドイツとイタリアなどの太陽エネルギー資源が豊富な国家と匹敵することができる。ロシア南部、バイカル辺境区、沿海辺境区及びほとんど全体極東地区の日照時間がすべてとても長くて、これらの電気網が到着しにくい地区では、短時間内に太陽光発電所を建築することができて、それによって有効的にエネルギー供給の問題を解決する。
  ロシアエネルギー専門家Marat Zackの話によると、ロシア約30%国土面積が有効に太陽エネルギーを利用することができて、全国太陽エネルギー発電の潜在力がドイツを越えられて、将来性が広大、楽観的である。推定するによると、ロシア太陽エネルギーの年平均発電潜在力が18.7億キロワット時に達する。

五、ドイツ

  ドイツの優位はそれが最初にクリーンエネルギー補助金を提供する経済大国であること。トイツは2004年初に、市場価格より高い太陽エネルギー電気網電気価格を出して、これもドイツを発電総量の面で世界最大のPVモジュール市場にならせた。
  ドイツのいくつか大手企業はすでに再生できる資源業務の分野に歩み入って、産業規模を拡大するためにコア技術サポートを提供する。全世界最大の自動車部品サプライヤーロバート・ボッシュグループ(RobertBoschGmbH)も、太陽エネルギー発電分野で15億ユーロを投資して、企業買収と新工場の設立に用いる。